内容とは

日本には車検という制度がありますが、実は海外には、車検がない国も数多く存在しています。
例えば、アメリカにはないのです。
世界で有数の自動車大国であり、先進国のアメリカ、それ以上に世界のリーダー国として君臨しているアメリカです。
そのアメリカで不要だとしているのならば、日本でも不要にすべきだと感じる人も中にはいることでしょう。
ただ、車検は交通安全に貢献しているということを考える必要があります。
自動車の故障は交通事故の原因の1つとなりますが、定期的に自動車を点検・整備しておけば、当然、自動車の故障を未然に防ぐことができます。
つまり、交通事故を未然に防ぐことができますから、車検が交通安全に貢献していることとなるのです。

近年の日本では、既得権益の打破をスローガンに、様々な業界で自由化が推し進められています。
このことは、実際には既得権益や自由化には関係ないところにも影響を及ぼしていると言えるでしょう。
以前ならば、言われるがままにサービスを受けるのが当たり前でしたが、現在は、利用者は納得してサービスを受ける時代となっているのです。
このことは車検にも当てはまります。
以前は、義務だから仕方ないことだとして、どこをどう整備・点検したのかも分からず、提示された料金を支払っていました。
ただ、そうすることで、無駄な料金を支払っていたことも往々にしてあったことでしょう。
しかし、現在は、そういったことは許されない世の中になっています。
ですから、整備・点検内容は可視化が当然となっていますし、それに伴い、業者間の競争も激化しています。
その結果、以前に比べると安い料金で車検が受けられるようになっていますし、業者を選ぶことも可能になっています。